グローブ検索サイトとは

名前別

あ行のサッカー選手一覧
か行のサッカー選手一覧
さ行のサッカー選手一覧
た行のサッカー選手一覧
な行のサッカー選手一覧
は行のサッカー選手一覧
ま行のサッカー選手一覧
や行のサッカー選手一覧
ら行のサッカー選手一覧
わ行のサッカー選手一覧



サッカースパイクの種類について

スタッド固定式

固い土、短い芝生などに対応したサッカースパイクです。
スタッドが13〜15本付いています。素材は樹脂が一般的で、磨耗耐久性に優れたものが多いです。

取替式に比べ足の負担は少ないですが、日本では、場所を選ばず使える固定式サッカースパイクが、主流になっています。
またスタッドは安定感があり、足への負担が少なく、足の故障が少ないとされています。

デメリットとしては、スタッドが減るとシューズそのものが使えなくなりますので、費用がかなりかかります。

スタッド取替式

芝生や雨天時など、グランドが柔らかい時に対応したサッカースパイクです。
プロでも雨が降ってきた場合に取替式に履き替える選手も多数います。

スタッドを受ける側の靴底には剛性に優れたナイロンなどが使われています。
スタッドの数が6〜8本と少ないため突き上げ感が固定式以上にあり、足に負担が増します。

メリットとしては高いグリップ力を持ち、摩擦したスタッドだけを交換することができます。
デメリットとして挙げられるのは、土の固いグランドで使用すると、足や膝、腰に大きな負担を与え、体の各部の故障につながったりといった危険性があります。

初心者やジュニアの方は、固定式サッカースパイクを選んだほうがよいでしょう。
しかしGKをやる方は強いグリップ力がある取替式を使用している選手が多いようです。

スパイクの種類「HG」とは?

・HGは「土グラウンド用のスパイク」を意味しています。
・土の上でプレーする選手が多いため、日本でも多く流通しています。

スパイクの種類「FG」とは?

・FGは「芝グラウンド用のスパイク」を意味しています。
・芝のグラウンドで使用されます。プロ選手は練習や試合でこのタイプを使用しているケースが多いです。

スパイクの種類「SG」とは?

・SGは「雨天時や柔らかいグランド用のスパイク」を意味しています。
・SGは、固定式(スタッドが固定されたタイプ)と取替式(スタッドが交換できる)タイプの2つがあります。